長寿・子宝の島 徳之島総合診療プログラム

プログラム責任者

水田 博之
  • 徳之島徳洲会病院 副院長 内科医
  • 水田 博之 (ミズタ ヒロユキ)
学位・資格
免許・所属学会
総合内科専門医
日本内科学会認定医
プライマリ・ケア認定医
プライマリ・ケア認定指導医

プログラムを展開する背景

徳之島は、100歳以上の高齢者の割合と合計特殊出生率が全国トップレベルで「長寿・子宝の島」として有名です。その徳之島において、当院は出産数年間170件近い島内唯一の周産期施設であり、また登録者約200名の在宅患者を抱え、24時間365日在宅でのお看取りにも対応しています。さらに徳洲会の理念「断らない救急」のもと、年間救急搬送1000台を超える救急医療とそれに続く急性期医療、年間約40件に及ぶ島外ヘリ搬送にも対応し、徳之島における医療の最前線かつ最終拠点を担っています。周産期から100歳を超える超高齢者までを対象とした医療を担う病院。いのちの始まりから終わりまでの場面に立ち合い、関わり続けること。ここではそんな医療の現場に触れることができます。

※件数は2019年現在


プログラムの理念、全体的な研修目標

都会に比べれば人手も設備も不足している徳之島。足りないもの、できないことを挙げればきりがありません。けれども、あるものに目を向けると、そこには島ならではの豊かさがあります。徳之島の医療・福祉を考えるうえで、地域の人々のつながりの強さは一番大きな強みとなります。患者さんが生活する場で、その地域性や文化を尊重した上で、医療者として何ができるか考えること。それが地域医療の醍醐味であり、総合診療医として新生児から高齢者まで診療できる能力を身につけることを目標とし、どのような環境下でも活躍できる医師の育成を目指します。


専門医研修内容について

4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 徳之島徳洲会病院 大阪大学付属病院
総診I 総診II
2年目 福岡徳洲会病院
内科
3年目 札幌東徳洲会病院 宇治徳洲会病院 徳之島徳洲会病院
救急 小児科 小児科

研修の中止・中断、プログラムの移動、プログラム外研修の条件

(1)専攻医が次の 1つに該当するときは、研修の休止が認められます。 研修期間を延長せずに休止できる日数は、所属プログラムで定める研修期間のうち通算90日(平日換算)までとします。


  • (ア) 病気の療養
  • (イ) 産前・産後休業
  • (ウ) 育児休業
  • (エ) 介護休業
  • (オ) その他、やむを得ない理由

(2)専攻医は原則として1つの専門研修プログラムで一貫した研修を受けなければなりません。 ただし、次の1つに該当するときは、専門研修プログラムを移籍することができます。 その場合には、プログラム統括責任者間の協議だけでなく、日本専門医機構・領域研修委員会への相談等が必要となります。


  • (ア) 所属プログラムが廃止され、または認定を取消されたとき
  • (イ) 専攻医にやむを得ない理由があるとき

(3)大学院進学など専攻医が研修を中断する場合は専門研修中断証を発行します。 再開の場合は再開届を提出することで対応します。

(4)妊娠、出産後など短時間雇用の形態での研修が必要な場合は研修期間を延長する必要がありますので、研修延長申請書を提出することで対応します。


プログラムの問い合わせ先

徳之島徳洲会病院  総務課
TEL:0997-83-1100(代表)
MAIL:toku-soumu@po.synapse.ne.jp