徳之島徳洲会病院 看護部ナースの声

新人ナースの声

垣村 真寿美さん [OP]

当院に入職して3年が経ちました。
私の働く病棟は急性期の外科病棟で、多くの検査や術後の患者様の看護などで毎日忙しい日々です。
新卒で入職し、最初は業務になれるのに必死でした。また何も分からず自分の知識や技術不足から患者様や先輩たちに迷惑をかけ辞めたいと思うこともありました。しかし、先輩たちはいつも優しく声をかけてくれ、分かりやすく指導してくれるおかげでここまで続けてくることができたとおもいます。
今でも患者様との関わりの中で、知識や経験不足で悔しく思うこともあります。患者様の為に自分に何かできることはないだろうか、もっと違った関わり方があったのではないかと、まだまだ日々看護に対して悩むことが多いですが患者様から「ありがとう」と声をかけてもらい、笑顔や元気に退院していく姿をみてやりがいを感じてきています。
当院は離島で、入職する前は都心部の病院と比べると、経験できることは少ないと思っていましたが、地域に密着した看護が必要であったり、当院で対応できない患者様を県外に搬送する時に同行したりと、離島だからこそ経験できる看護もあると思いました。
まだまだ未熟ですが、患者様との関わりを大切にし、患者様に満足してもらえるような看護が提供できるよう初心を忘れず日々頑張っていきたいです。

ママさんナースの声

福山 かおりさん [訪問看護]

徳洲会病院へ入職して今年で5年が経とうとしています。
5年前、1歳と、4歳の娘をつれて就職活動をしました。
島の病院は限られていますが、託児施設が24時間完備されている病院は当院だけということに引かれ、就職させていただきました。
小さい子供をつれ、仕事をすることにはとても抵抗がありましたが、同じ建物内に託児施設が完備されているということは、とても身近に子供を感じ、安心して仕事をすることができます。
今では子供も5歳と8歳へと成長しましたが、託児所と同様学童施設もあり、土日、祝日も利用が可能であるため学校が休みの際も病院に預けることができます。書道、硬筆の習い事や、夏休みなどの宿題もー緒に取り組んで頂けるのでとても助かっています。
何よりも、子供たちが「病院学校」と言って、楽しそうに職場について来てくれることはとても母親としてもうれしく、看護師として安心して仕事に集中できるこの環境はとてもすばらしいものだと思います。

ページトップへ