徳之島徳洲会病院 看護学生向け奨学金制度はコチラ

徳之島徳洲会病院 医学生向け奨学金制度について

どんな制度?

将来医師をめざして勉強する学生を対象に、就学期間中の奨学資金として学費の一部を毎月、
徳洲会グループが貸付援助する制度です。それによってアルバイト負担などを軽減し、勉強する時間が多く取れるようになります。

対象 医学部入学予定または在学する学生で、
卒業後に徳洲会グループ病院への入職を希望される方
貸付限度額 月額15万円(利息・年2.0%)
貸付の期間 貸与することになった月から卒業する月の翌月まで(最大6年間)
返済の免除 貸与した貸付金は医学部を卒業し、資格(医師免許)取得後、初期研修を徳洲会グループで行い、 初期研修修了後は貸付期間の3分の2の期間、徳洲会グループの病院で勤務する事により、返済免除と同等の処理をさせていただきます。
また、その期間中に4分の1の期間以上を徳洲会グループの指定する病院で勤務する事が条件となります。
なお、勤務期間中の給与は規定通り支給されます。
(初期研修期間中の地域医療研修(2ヶ月)は返済免除対象期間に含まれません)
区分 貸付限度額
月額
貸付期間 返済履行期間
国内大学
医学部
月額
150,000 円
6年以内 当グループ病院において研修期間修了後、奨学資金をもって返済履行期間とする。
(当グループ病院での勤務を条件とする)。

※卒業後の徳洲会グループ内研修先は、ご希望を伺いながら決めさせていただきます。
※休学(留年)の場合には復学(進級)するまで貸付を停止します。休学(留年)期間分の貸付増額は行いません。
※学校を退学された場合や、卒業後に徳洲会グループ病院に入職されなかったなどの場合には、貸付された金額に年利2.0%の利息を加算した金額を一括返済していただくことになります

※他に、看護師を目指す方の奨学金制度もございます。

手続きの流れ

奨学金受給までの流れ

徳洲会グループって?

「生命だけは平等だ」の哲学のもと、情熱を持ったスタッフと最新の医療機器・技術によって万全の医療体制を整え、 各地域で”愛情のある医療”を実践。「いつでも どこでも だれもが安心して最善の医療を受けられる社会」を理想とし、 救命救急から高度先進医療、慢性病治療、予防医療、福祉まで、総合的な医療福祉サービスを提供しています。 また、離島・避地医療にも力をいれており、地域医療の重要な役割を担っています。海外の医療不足地域にも目を向け、 2006年にはブルガリアに1016床の病院が開院しました。

創立 1973年1月
理事長 鈴木 隆夫
従業員数 約23,000人
施設数 病院[67]、診療所[46]、訪問看護ステーション[24]、介護老人保健施設[26]、特別養護老人ホーム[11] 有料老人ホーム[10]、グループホーム[27]、その他居宅介護支援事務所等 計292施設

徳洲会グループで、農村避地離島などの「地域医療」や高度先進医療に一緒に貢献しませんか?
充実した教育体制で皆様をサポートいたします!

まずは、こちらまでお気軽にご連絡下さい

徳洲会グループ 研修委員会本部事務所

担当:高柳・新垣

〒102-0083 東京都千代田区麹町4-6-8 ダイニチ麹町ビル2F
   TEL:03-3263-8131 / FAX:03-3263-8132
   E-mail:resi-dr@tokushukai.jp

ページトップへ