徳之島徳洲会病院長ご挨拶


徳之島徳洲会病院長 藤田 安彦 当院は徳田虎雄前理事長が全身全霊を込めて作った病院であり、徳洲会の象徴的な病院です。昭和61年10月1日開設し、歴代の院長、職員、住民の方達、応援の先生方、行政の方達の血の滲むような努力と愛情により支えられてきました。昭和60年に島根医大を卒業していますので、当時のことをよく記憶しています。東京西徳洲会病院の開設から5年、喜界徳洲会病院4年間の勤務を経て、平成26年9月1日付けで喜界徳洲会病院より当院へ赴任しました。地元にいつか恩返しをしたい気持ちでいましたので、感慨ひとしおです。 徳洲会の「命だけは平等だ」の理念の下、島民の生命と健康を守る責任は重大であり、外来、病棟、訪問診療・看護、予防接種、学校検診など島における医療・福祉・介護を行い、救急の搬送受け入れなど急性期から慢性期疾患を含めて、島民の生命と健康を守る病院として職員と一丸となって奮闘していく所存です。
グループ内外からの医師の応援をいただき、内科、外科、小児科、循環器科などの診療を行い、皮膚科、耳鼻科、形成外科、泌尿器科などの専門外来も行われています。また、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、臨床工学士など、グループ内外からの多数の支援を受けて徳之島徳洲会病院の医療を継続させていただいております。また、緊急に専門的処置が必要な場合、ドクターヘリや自衛隊機により、鹿児島市内や沖縄の専門病院に搬送して頂いております。消防署、自衛隊、行政など皆様のご援助、ご指導により支えられて医療が行われています。
現場を支えるすばらしいスタッフとともに、地域住民の期待に答えられる様に医療技術の向上を図ると共に医療機器の整備と診療体制を構築したいと考えています。
当院は離島医療を支える究極のチーム医療を目指して頑張りますので、ご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

平成26年9月1日
徳之島徳洲会病院病院長
藤田 安彦

履歴
鹿児島県県立甲南高等学校1976年卒
島根医科大学1978年入学
島根医科大学1985年3月卒
島根医科大学放射線科助手1986年7月
日原共存病院放射線科医長1989年4月-1991年3月
島根医科大学放射線科助手1991年6月-1994年
島根医科大学放射線科学内講師1994年3月
横須賀共済病院放射線科部長代行1994年4月-2003年3月
 同上   部長2003年4月昇任
 同上   退職2005年6月
東京西徳洲会病院放射線科部2005年9月
 同上   副院長2006年6月
喜界徳洲会病院院長2010年10月
徳之島徳洲会病院院長2014年9月1日
現在に至る
医師免許昭和61年5月16日295547号
専門領域腹部画像診断 IVR
博士号平成6年3月2日 乙第88号
認定医
  • 日本医学放射線学会専門認定医(平成3年6月)
  • 日本医学放射線学会専門医修練機関指導医(平成6年4月)
  • 日本IVR学会専門医(平成14年12月)
  • 検診マンモグラフィ読影認定医(平成17年10月)
  • 日本臨床研修医指導医(平成19年4月9日)
  • 日本がん治療認定機構がん治療認定医(平成20年4月)・指導医
  • 肺がんCT検診認定医(平成21年10月1日)
所属学会 日本医学放射線学会 日本血管・IVR学会 日本磁気共鳴学会
日本肺癌学会  日本血管内治療学会 日本消化器内視鏡学会
役職 日本IVR学会評議員、日本医学放射線学会関東地方会世話人、
JANCT世話人、救急放射線画像研究会( in 東京)世話人、
多摩画像カンファレンス世話人など
賞罰 感謝状:第51回共済医学会(平成14年10月10日)
日本IVR学会(平成20年5月16日)
その他 神奈川ラジオロジーハイライト世話人、小田急X線カンファランス実務者、
神奈川ジャーナルクラブ幹事、横三らせんCT研究会代表世話人、
神奈川 SPECT 研究会世話人、横須賀・三浦MR懇話会代表世話人、
横三救急画像診断研究会代表世話人、横須賀市医師会被ばく医療対策検討会委員長など
歴任

ページトップへ